2015年11月23日

11回目の単独ライブ 有難うございました

私の手違いで単独ライブの記事を削除してしまったようです。
再度投稿します

沢山のお客様、家族に見守られ11回目の単独ライブがおわりました。

会場からは溢れるばかりのお客様で、補助イスを出しても足らず、立見のお客様まで。

感無量の思いです。

思えば13年前、ゴスペルにはまり込んだ私は教会のワークショップに参加し、クリスチャンでもないのに、クリスチャンシンガーの向日かおり先生のバッククワイヤーExelcisとして、なんばハッチの舞台に立たせていただきました。

ゴスペル繋がりの友達もたくさんできて、その友達のひとりが武田さん、なにわブラックペッパーズって知ってる?となにわの定期演奏会に誘ってくれました。〔この声をかけてくれたのが今では歌親友のゆかりん〕
その時、ハンマーで頭を叩かれたような衝撃を受け、ここで、このクワイヤーで歌いたい!と思いました。

しかしながら、ガンになった父の介護もあり、なにわに入ったのは父が亡くなって1年後、入りたいと思ってから3年の月日が流れていました。

和歌山から豊中まで月二回練習に通うため、練習日の前日には日曜日の家族の昼食と夕食を作り、先生の個人レッスンを受ける日は朝7時の電車に飛び乗り、
今から思うとほんま、若かったなあーと思います。

なにわブラックペッパーズには8年在籍させていただきました。

和歌山でも歌える場所があればいいなと思い、教会のワークショップで知り合ったメンバーとP−Companyという少人数クワイヤを作り、いろんなところで歌わせてもらいました。

その頃、幼稚園でゴスペルOhHappydayを歌うワークショップをしてほしいと依頼され、お母さん達に伝えたのがクリスタルボイス始まりです。

その時のメンバーばかりでスタートしたクリスタル。

その時、11年後の今のクリスタルを誰が想像できたでしょう。

産まれたてのクワイヤは、人数も少なく各パートはふたりいたら良い方で欠席が多いと歌うこともままならず、会場代金も足がでることもしばしばでした。

ひとり辞め、ふたり辞め
とうとう三人になった時
続けていけないからもう辞めようと思いました。

みんな、一生懸命頑張ってきたけど、人数も少ないし、今日で一旦お休みにします。
体裁のよい言葉です
お休み…もう、2度と再開することのないお休みをメンバーに伝えました。

もう、ほんまにおわるんやなあと会場から車に乗る時、メンバーのてるちゃんが私の腕を掴み、「もう、再開しないよね。
辞めるよね。私、ここに来るのが本当に楽しみだったん。
嫌な事があっても、ここに来たらまた元気になったん。そんな場所が無くなるのは嫌や。ちかねぇ辞めやんといて」と大粒の涙をポロポロ流して言うてくれたんです。

私はとっさに、辞めへんよ、ごめんよ、そんなに思ってくれてたん?ごめんよごめんよ。やろう!やろな。人数少なくてもなんとかやっていこか!

私は何をしてたんやろ。

こんなにこの場所を思ってくれる人がいるのに、いとめ簡単に辞めるなんて言うて。それもごまかすみたいにお休みにするとか騙すような事を大切なメンバーに言うて…。

神様が試されたんやな。
ほんまに私がゴスペルうたいたいんかどうか、
試されたんや。

それから11年、昔私がなにわブラックペッパーズのゴスペルを聴いて感動して泣いたのと同じ感動をお客様が感じてくださり、終演後お見送りに出た私に伝えてくれる。

てるちゃんが泣いてくれなかったら私は辞めた事を一生後悔していたやろうな。

そして、この素晴らしいメンバーとも出会う事はなかったんやろうな。

この時泣いてくれた恩人てるちゃんは今もクリスタルで一緒に歌ってくれています。

導きがあるとするなら、やはり私は導いてもらい、今ここに素晴らしいメンバーと一緒に立たせてもらっています。



メンバーのご家族の皆様、ご来場くださった皆様、シェルターのスタッフの皆様、シェルターに導いてくれたShokoちゃん、バンドメンバーのMichael、イッチー、半ちゃん、ムジカのマスター、重い機材を担いで遠路来てくださったNogさん。行けないけどと花を送ってくれたやっちゃん、そして共に声を合わせた愛しいCrystalVoicesの素晴らしい仲間達


私は本当に素晴らしい人生を歩ませてもらっています。
心から心から
ありがとうございます。  


Posted by ちかねえ at 23:27Comments(0)ライブ

2015年11月23日

りぃぶるフェスタ

単独ライブが終わってからのイベント
ビック愛で行われたりぃぶるフェスタで歌ってきました。

ビック愛では何度か歌わせて頂いた事もあり、リハなし、ぶっつけ本番でしたがたくさんのお客様に見守って頂きながら無事に終了する事ができました。

お母さんはね、家族の太陽であってほしいんです。だからいつも輝いていてほしい。
だからお母さんもひとりの女性として輝く場を作ってね

その話を頷きながら聞いてくださっていた若いお母さん。

終わってからクリスマスライブのフライヤーを配っていたら、赤ちゃんを連れたお母さんが一緒に歌いたいですとチラシを取りにきてくれました。

手押し車を押したご婦人が、元気を頂きました。ありがとうと伝えてくれました。
だれかの新しい一歩になれば私達はすごく嬉しいです。

さあ!次はゴスペルの本領発揮のクリスマスです。
12月23日のイブイブは
本町ラグタイムでお待ちしています

  


Posted by ちかねえ at 17:50Comments(0)ライブ

2015年11月02日

ありがとうございました


沢山のお客様、家族に見守られ11回目の単独ライブがおわりました。

会場からは溢れるばかりのお客様で、補助イスを出しても足らず、立見のお客様まで。

感無量の思いです。

思えば13年前、ゴスペルにはまり込んだ私は教会のワークショップに参加し、クリスチャンでもないのに、クリスチャンシンガーの向日かおり先生のバッククワイヤーExelcisとして、なんばハッチの舞台に立たせていただきました。

ゴスペル繋がりの友達もたくさんできて、その友達のひとりが武田さん、なにわブラックペッパーズって知ってる?となにわの定期演奏会に誘ってくれました。〔この声をかけてくれたのが今では歌親友のゆかりん〕
その時、ハンマーで頭を叩かれたような衝撃を受け、ここで、このクワイヤーで歌いたい!と思いました。

しかしながら、ガンになった父の介護もあり、なにわに入ったのは父が亡くなって1年後、入りたいと思ってから3年の月日が流れていました。

和歌山から豊中まで月二回練習に通うため、練習日の前日には日曜日の家族の昼食と夕食を作り、先生の個人レッスンを受ける日は朝7時の電車に飛び乗り、
今から思うとほんま、若かったなあーと思います。

なにわブラックペッパーズには8年在籍させていただきました。

和歌山でも歌える場所があればいいなと思い、教会のワークショップで知り合ったメンバーとP−Companyという少人数クワイヤを作り、いろんなところで歌わせてもらいました。

その頃、幼稚園でゴスペルOhHappydayを歌うワークショップをしてほしいと依頼され、お母さん達に伝えたのがクリスタルボイス始まりです。

その時のメンバーばかりでスタートしたクリスタル。

その時、11年後の今のクリスタルを誰が想像できたでしょう。

産まれたてのクワイヤは、人数も少なく各パートはふたりいたら良い方で欠席が多いと歌うこともままならず、会場代金も足がでることもしばしばでした。

ひとり辞め、ふたり辞め
とうとう三人になった時
続けていけないからもう辞めようと思いました。

みんな、一生懸命頑張ってきたけど、人数も少ないし、今日で一旦お休みにします。
体裁のよい言葉です
お休み…もう、2度と再開することのないお休みをメンバーに伝えました。

もう、ほんまにおわるんやなあと会場から車に乗る時、メンバーのてるちゃんが私の腕を掴み、「もう、再開しないよね。
辞めるよね。私、ここに来るのが本当に楽しみだったん。
嫌な事があっても、ここに来たらまた元気になったん。そんな場所が無くなるのは嫌や。ちかねぇ辞めやんといて」と大粒の涙をポロポロ流して言うてくれたんです。

私はとっさに、辞めへんよ、ごめんよ、そんなに思ってくれてたん?ごめんよごめんよ。やろう!やろな。人数少なくてもなんとかやっていこか!

私は何をしてたんやろ。

こんなにこの場所を思ってくれる人がいるのに、いとめ簡単に辞めるなんて言うて。それもごまかすみたいにお休みにするとか騙すような事を大切なメンバーに言うて…。

神様が試されたんやな。
ほんまに私がゴスペルうたいたいんかどうか、
試されたんや。

それから11年、昔私がなにわブラックペッパーズのゴスペルを聴いて感動して泣いたのと同じ感動をお客様が感じてくださり、終演後お見送りに出た私に伝えてくれる。

てるちゃんが泣いてくれなかったら私は辞めた事を一生後悔していたやろうな。

そして、この素晴らしいメンバーとも出会う事はなかったんやろうな。

この時泣いてくれた恩人てるちゃんは今もクリスタルで一緒に歌ってくれています。

導きがあるとするなら、やはり私は導いてもらい、今ここに素晴らしいメンバーと一緒に立たせてもらっています。

メンバーのご家族の皆様、ご来場くださった皆様、シェルターのスタッフの皆様、シェルターに導いてくれたShokoちゃん、バンドメンバーのMichael、イッチー、半ちゃん、ムジカのマスター、重い機材を担いで遠路来てくださったNogさん。行けないけどと花を送ってくれたやっちゃん、そして共に声を合わせた愛しいCrystalVoicesの素晴らしい仲間達
私は本当に素晴らしい人生を歩ませてもらっています。
心から心から
ありがとうございます。

  


Posted by ちかねえ at 18:42Comments(8)